UV(紫外線)対策が光脱毛には重要です

夏場など特にそうですが、今の紫外線ってほんとうにきついですよね。年々日焼け止めアイテムも高機能になっている感があります。

 

日焼けは肌トラブルの原因になるので防ぐことが大切ですが、脱毛にかよっている場合は特に重要です。

 

というか、施術したい部位が日焼けしてしまうと、まず施術を断られてしまいます。

 

本来できるはずだった施術が遅れるので、結果的に脱毛スケジュールが思い通りにいかなくなってしまいます。

 

なぜ、日焼けすると脱毛できないのでしょうか。

 

これは「メラニン色素」が関係しています。私達人間の身体の黒い部分(毛やホクロなどですね)には、メラニン色素が必ず含まれています。

 

紫外線を浴びるとこのメラニン色素のもとをつくるメラノサイトという部分が活性化し、結果メラニン色素が大量に生産されます。

 

だから肌が黒くなります。

 

光脱毛は毛や毛根の細胞に含まれるメラニン色素に反応させてダメージを与えて脱毛するので、日焼けで肌が黒くなるとその部分にも脱毛器の光が反応します。

 

すると、肌に負担がかかって赤みを帯びたり、炎症を起こしてしまいます。

 

こういうトラブルにつながるのがわかりきっているので、サロンは日焼けしている方には決して施術をすることはありません。

 

あきらかにクレームやトラブルの原因になりますので。

 

たいていのサロンの注意書きには、日焼けした場合は数日して肌が落ち着いてから来てくださいという趣旨のものがあります。

 

ところがいったん日焼けした肌はしばらくして落ち着いたように見えても、あきらかに水分量が減っているのでいつもは何ともない刺激でトラブルを起こしたりします。

 

ですので、サロンに通っている場合は極力日焼けそのものをしないように注意することが大切です。